早漏はかゆみ止めが早漏治療薬になる

そうろうという言葉を男性はひどく嫌います。自分で自覚している人が多いのですが、女性からそうろうと言われるとひどく傷つきます。自分が自覚していればなおさらです。また男性の一方的な思い込みで、自信がそうろうだと気付いていないこともあります。本来は女性が満足し、そして男性も満足するのが本来あるべき性行為になりますが、自分だけが満足している男性が多いのが現状です。もしくは女性の方が我慢しているのもひとつの真実になります。

その早漏は手軽な製品で改善することがわかっています。にわかに信じられないことですが、かゆみ止めで早漏改善に繋がります。よく女性が所有しているデリケートゾーンに用いるかゆみ止めでも構いません。性行為の前に、特に一番刺激を受けやすい亀頭に塗りつけ、数分間待ちます。亀頭への刺激が鈍くなるとそれを洗い落としてから性行為に挑むことになります。それだけでかゆみ止めが早漏改善薬になるのです。

男性によっては亀頭の刺激が鈍くなることで、不感症のように感じてしまい、ペニスに違和感を感じる人もいます。早漏どころか勃起しなくなったという男性の報告もあるくらいです。効果はあくまでも個人差があると言わざるを得ません。そしてかゆみ止めを用いるというのは、正しい早漏改善策ではありません。薬品が付いたまま、コンドームをつけないで女性器に挿入すると女性に影響を与える可能性もありますので、使い方には気を付けましょう。

本来は正しい早漏改善策を用いて射精のタイミングをはかるべきです。そのための医薬品も現在は販売されていますので、正しい改善策を用いて、より良い性行為を行うようにしましょう。早漏にコンプレックスがあるのなら、改善する方法があります。

ページトップへ